企業研究のコツ <2回/全2回>

2019年10月17日

企業研究のコツ <2回/全2回>

「企業研究」について、前回は企業のホームページで情報を見るときのポイントをお伝えしました。
企業のホームページをチェックして、少し企業のことが分かったら、今度は企業のホームページ以外から企業を調べてみましょう。

外部サイトのニュースや特集記事をチェック!

企業名や社長の名前で検索をすると、企業に関わるニュースやインタビューなどが確認できます。新製品・サービスのリリースや経営視点のインタビューなど、ぜひチェックしてみましょう。
製品・サービスのリリースは会社のホームページでも確認できますが、社外のサイトではどういう風に紹介されているか見ることで、客観的な視点から企業を見たり、業界内で注目されているポイントなどが分かる場合もあります。
また社長や社員のインタビューなどでは今後の戦略や会社の方向性などが分かることもあるので、しっかり読んでおきましょう。

 

googleアラートも活用しよう!

googleのアカウントを持っていると、googleアラートという機能が使えます。企業名やサービス・製品などのキーワードを設定しておくと、関連する新着ニュースをメールでお知らせしてくれます。
特定の業界で転職活動をしている場合は、会社のことだけではなく業界に関連するニュースをチェックしておくことも、面接や入社後に役立つこともあると思います。とはいえ、毎日チェックすることは大変ですし、頻繁に新しいニュース等が出てくるわけではないので、こういった機能を活用することもおすすめですよ!
https://www.google.co.jp/alerts

 

お客様を知ることも大切

個人向けの製品やサービスを展開している企業であれば、実際にその製品を見たり、サービスを調べることもできます。店舗がある場合、行くことができる場所であればぜひ足を運んでみてください。
法人向けの製品やサービスを展開している企業の場合は、実際に自分が体験することは難しいですが、顧客の企業が分かったら、どんな業界のどんな事業をしている企業がお客様なのか、複数社見ておきましょう。
お客様を知ることで、応募企業のこともまたぐっと理解ができると思います。

 

最後は求人票を再確認

企業のホームページ、外部サイトのニュース、お客様、いろんな視点から企業のことを調べたことで、理解は深まったと思います。
最後はもう一度求人票を見て、応募する職種の仕事内容と求められてる経験を再確認しましょう。初めて見た時よりも、具体的なイメージができると思います。
面接や入社後のギャップをなくすためには、具体的なイメージをしておくことがとても大切です。調べてもイメージができなかったことは、面接で確認することもよいと思います。
理解できたことを踏まえて、面接ではこれまでの経験でどこを重点的に話すかなど、アピールポイントを整理しておきましょう。

 

関連記事一覧

面接

マナー&コミュニケーション

日本の転職活動では「マナー」「コミュニケーション」も大事なポイントに! 面接だけではなく入社後に日本の企業で働くための準備として、 日本ならではのマナーとコ.....

PCスキルの書き方

今はどんな職種でもパソコンを使うことが増えています。履歴書や職務経歴書にもパソコンがどのくらい使えるかを分かりやすく記載しましょう。今回はPCスキルの書き方につ.....

実際にあった!転職活動中の失敗談

色々な準備や確認をして、慎重に進めていてもつい失敗してしまったことってありますよね。うっかりミスから予期せぬことまで・・ 今回は実際にあった失敗談をご紹介しま.....

翻訳・通訳のお仕事あれこれ

語学力を活かせるお仕事の中で、もっとも人気があるのは翻訳・通訳のお仕事です。 フリーランスで仕事をされている方も多いですが、 正社員・契約社員等への転職をす.....

Q&A

転職活動をはじめよう

はじめて転職活動をはじめる方はぜひご一読を! 日本の就職・転職活動で意外と知らないことも多いはず。 準備や活動のスケジュールを考える際の参考にしてください。.....

ENTRY

無料転職サポート

外国人の無料転職サポート

グローバルリーフの外国人・グローバル人材の無料転職サポート

グローバルリーフは、中国・韓国・台湾・ベトナム・タイ・インドネシアなど日本で働きたい外国人の方や、外国語を活かしたい日本人の方に特化した転職エージェントです

グローバルリーフの無料転職サポートに登録